商品カテゴリー
店主のコーナー
名前
成澤 真理
一言メモ
「健康オタク」の私がハマッたウイルセラム。でもその魅力はまだまだ知られていないのが残念です。
私の願いは健康に関心ある全ての人に、このウイルセラムを使っていただくこと。
ホームページでは書ききれないウイルセラムの魅力をブログ土鍋ご飯・土鍋料理はウイルセラムにおまかせ!に掲載し始めました。
こちらもあわせてご覧ください。


必ず読んでね
カートの中身
メルマガ登録・解除
商品情報配信
 ウィルセラムを使用するときの注意点


  ウィルセラムは軽くて大変扱いやすい鍋ですが、気持ちよくお使いいただくためには
  いくつかの注意点があります。

 ?まず、鍋の底の釉薬のかかっていない白っぽい部分がありますが
  この部分はできるだけ濡らさないようにしてください

  あらかじめ防水処理をしてありますが、浸け置き洗いなどをすると
  この部分から水分が入り込んで、釉薬がはがれたり割れたりする場合があります。

 ?電気コンロでご使用の場合は密着させないように、少し離してください。
  (たとえば金網を間にはさむなど)
  熱線が露出しているタイプのものですと、温度差からヒビが入ることがあります。

 ?蓄熱力が優れていますので、余熱で吹きこぼれたり焦げたりする場合もあり
  ます。ご飯やおかゆを炊くときや牛乳を温めるときなどは、早めに火を止めて
  ください。


 ?落としたり硬いものにぶつけないようにしてください。割れたりヒビが入ったりします。

 ?万が一調理中に割れたりすると大変危険ですので、揚げ物はしないでください。

 ?水道水など塩素やトリハロメタンを多く含む水を汲んでおくと、臭いが発生する
  ことがあります。これはウイルセラムによって水が浄化している証拠なので
  ご安心ください。

  その他は普通のお鍋と同じように扱っていただけます。
  日頃のお手入れは食器洗い用の洗剤で洗って乾かすだけで十分です。
  もしお料理を焦がしてしまって鍋が焦げ付いたときは、スチールたわしで
  こすればきれいになります。硬質のうわぐすりで処理してあるので大丈夫です。

  毎日の生活に気軽にウイルセラムをご活用くださいね。